できるパタンナーに必要な技術

優秀なパタンナーに必要な技術

しっかりとした技術力、鋭いセンス、膨大な知識がなければ、 優秀なパタンナーになることはできません。

技術

型紙を引くことをパターンメーキングと呼びます。このパターンメーキング には、フラットパターンメーキング(平面製図法)とドレーピング(立体裁断法) という2つの手法があります。優秀なパタンナーになるためにはこの2つの技術と、 型紙を起こしてシルエットを作るためのソーイング(縫製)技術を習熟しなければ なりません。

センス

デザイン画に込められたイメージを素早く、丁寧に型紙に表現できるセンスと、 服の企画コンセプトから外れないパターン製作。これらが、優秀なパタンナーに 求められます。

知識

近年、服作りはCAD化(コンピューターを利用して製図すること)して きました。それに伴いパタンナーにも、CADの知識が求められるようになりました。 これからのパタンナーは、技術やセンスはもちろん、CADにも精通していなければ なりません。

パタンナーとして必要な能力

  • 服飾に関する基本的な知識が身についている
  • トワル(立体用の生地)で立体化した時に、シルエットの良し悪しを判断することができる
  • 正確な縫製仕様書を書くことができる
  • 製作現場へ、仕様や企画コンセプトの伝達、交渉などを行うことができる
  • 仕上がりチェック時に、修正やアレンジを加えることができる
  • 現場商品のチェックができる
  • コストを抑えることを意識して、無駄なく作業が行える
  • ファッション業界の動向を把握している
  • CADに精通している


コース紹介

資料請求・ご見学・お問合わせ