パタンナーとは

デザイナーが描いたスタイル画を基に、縫製に必要な型紙 (パターン)を引くことを専門としている人がパタンナーです。 正式にはパターンメーカーと呼ばれていますが、「パタンナー」 という呼び方が一般的です。

パタンナーの役割

ファッション業界のクリエイティブ職、パタンナー。デザイン画に 込められたデザイナーのイメージを、型紙でリアルに表現します。

型紙と同じくらい大切な縫製仕様書の作成をします。


  • 使用生地、附資材の指定、仕上がり寸法、縫製の留意点に注意します。
  • 納期、細部にわたって注意事項を記入します。

パタンナーは、日本においては「デザイナーのサポート的役割をする人」 と思われがちです(デザイナーの描いたスタイル画を基にして型紙を引く、 という業務の流れのため)。しかし、服はパタンナーなしに作ることはできません。 そのため海外では、パタンナーとデザイナーは同格に位置づけられています。

「美しい服には美しいパターンがあり、優秀なデザイナーには優秀なパタンナー がついている」。そう言われるほど、パタンナーは重要な存在なのです。

できるパタンナーになりたい


コース紹介

資料請求・ご見学・お問合わせ